『神之街』…通称『カノマチ』。
 そこには八百万の神が人々と神通する、ちょっぴり不思議で現実的な場所。
 あるものは火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)で花火を見せたり、倉稲魂命(うかのみたまのみこと)と一緒に豊作に導いたり、疫病神様がうっかり病気をまき散らしてしまったり…。何をするにも人と神が繋がり、そして神通力を得た人々には国家資格である『職業神通』という副業を持つことになった。
 神の力で人助けという恩恵をもたらす職業神通を持つ『カノマチ』の人の子らは13歳から20歳の間に何かしらの神通力を発現させると言われている。
 多感かつ、繊細な人の子らは神通力を得て何を思い過ごしているのか。
 今回は『衛』、『マモリ』。
 失いたくないと思った、だけど守る力を手に入れた、そんな子供たちの物語
 貴方の『衛』たいものも、そこにはあるのかもしれないね。

【制作サークル】しのつく音色

【立ち絵・キャラクターデザイン】かてたわ さま(https://coconala.com/services/753796#)

【原作・脚本・イメージイラスト・編集】篠崎紅葉(@sinozaki333)

【BGM】魔王魂(https://maoudamashii.jokersounds.com/)・DOVA-SYNDROME(https://dova-s.jp/)

【効果音】効果音ラボ(https://soundeffect-lab.info/

​【配役】

 詩籠 怜奈 …… 行近乃和(@nowa_yukichika) さま

 ​天瀬 サトリ …… 三枝なずな(@0w0_hnn) さま

 多紀理比賣之命(たぎりひめのみこと) …… 神崎零(@kanzaki0rei) さま

 真導 奏多 …… えび寿明(@toshiaki_ebi) さま

 エキストラA(強盗1) …… 紅雀光(@kozyakumitsuru) さま

 エキストラB(強盗2) …… 蜘渡狸音(@kumowatari0001) さま

 エキストラC(メイドカフェ店員1・人質1・アパートの子供) …… 金山華奈(@kana2mountain) さま

 エキストラD(メイドカフェ店員2・人質2・学生1) …… 北島魁穂(@kaho_chicken) さま

 エキストラE(メイドカフェ店長・人質3・学生2) …… 巫部える(@Eru_Kannagi_02) さま

 エキストラF(メイドカフェ店員3・人質4・学生3) …… 蟹田(@OraOra_Ka23) さま

【用語集】

 職業神通:カノマチ出身者かつ13歳~20歳に訪れる神様との邂逅により神様の力を分け与えてもらうこと。今回の作品では『女性守護』と『心導』の力を神様の代わりに行使している。
 六神通:6種の神通力。神足通、天耳通、他心通、宿命通、天眼通、漏尽通という修業によって得られる力のことを指す。今回の作品では『他心通』を持っている少女がいる。
 神童:本来はとびぬけた能力を持った子供を指すが、カノマチにおいては先天的に神通力が与えられた子供のことを指す。
 天之手力男神(あめのたぢからを):アマテラスを大岩戸から引き出し世界に光をもたらした導きの神。
 多紀理比賣之命(たぎりひめのみこと):宗像三女神の一柱。『女性守護』の恩恵をもたらす。この作品では人々に好意的に振る舞い、恵まれない子供たちのアパートの大家さんをやっている。
 神効警察:カノマチにおける犯罪を取り締まる神通力を持った警察組織。

​・登場キャラクター

 詩籠 怜奈(しごもり ときな)

 女性。16歳 セリフ数:103


 公立高等学校に通い、アルバイトと両親の保険金で生計を立てている少女。
 両親は幼い頃に事故で他界。児童養護施設を経て多紀理比賣之命(たぎりひめのみこと)が大家のアパートで女性守護の神通力を後天的に得る。
 用心棒、警備スタッフといった職業神通の他に女性が多数在籍するメイドカフェのような場所でも優遇されて所属している。
 性格は自称悪ガキ。物事に冷ややかでさっぱりとした関係を望む。
 ひとりで生きていけるようにストイックな学生生活をこなしているが、周りから受ける愛情は強く、それでも弱みを見せないことを心がけている。

 声のイメージ:冷たく、ほどよく脱力した中音域
 選考台詞:
「この『カノマチ』をただの悪党共が恐れる理由。今から身体に刻み込んでやるから」(強盗に立ちはだかり悪党を成敗する気持ちで)
「いってらっしゃいませ。またのお帰りお待ちしております」(メイドカフェのお客が帰っていくのを見届けながら)
「…だって、…だってあたしはいずれ、またひとりになる。…親兄弟全員亡くなって、その時あたしはひとりで生きていく力を持ってなかった、だから…っ!」(自分が守る力を手にしているのは自分がひとりでも生きていくと主張している)

 

 

 天瀬 サトリ(あませ さとり)

 女性。16歳 セリフ数:36


 怜奈と同じ公立高等学校に通う、六神通のうちの他心通をもって生まれてきた神童。
 人の心を際限なく読むことができる為、良い感情も悪い感情もずっと受け止めてきた。
 本人はもともとその力を疎ましく思っていたが、教師である真導の『心を読んで負の感情が見えて苦しいのなら、いっそのこと自分自身が笑いものになってみろ』という教えのもと、クラスのムードメーカーとなり皆が楽しくあれる居場所を作るよう心掛けている。
 怜奈のツンケンな態度にも屈せず、ずっと友達になりたいとちょっかいをかけている。
 性格は天真爛漫であることを心がける努力家。綺麗な心も汚い心も見てきたため達観したところがある。
 ちなみにメイドカフェで人気ナンバー1メイドの称号を持っている。

 声のイメージ:元気のある、とぼけた感じの中~高音域
 選考台詞:
「ダメだよトッキー。メイドは華やか、かつ可憐、そして優雅に、ご主人様をお迎えする気持ちでいなくちゃ!…て、言っても実はご主人様の中にはトッキーの冷ややかな視線とさっぱりとした挨拶に興奮してる方々もいるんだけどねー」(メイドの心得を怜奈に説き伏せるように)
「…全部が全部、苦しいってことはないのだよー。私は私が出会う人たちに私から元気を与えるように過ごす。それだけで心の声にがんじがらめでひきこもるような生活とおさらばできるんだもの。やってよかったって心の底から思うよー。にはは」(心の声が聞こえてしまう弊害に立ち向かったことを軽く笑い飛ばしながら)
「私、トッキーのこと、大好きだよ。いつだって本音をぶつけ合える。それで笑って、怒って、泣いて、それでも一緒にいたいって思える人なんだよ」(そんな彼女だから友達でいたいと願って)
 

 

 多紀理比賣之命(たぎりひめのみこと)

 女性。神様。セリフ数:25

 

 通称:タギリヒメ。

 親元をなんらかの理由で離れざるをえなくなった子供たちの生活をアパートの大家として支える神様。
 『カノマチ』において社会的弱者になってしまう職業神通を持たない子供たちを後天的にでも神通力を持たせることに政府に協力した珍しい神様。
 神通力は『女性守護』。
 性格は愛情深い言動で甘えさせてくるが、自身も甘えたがりなかまってちゃん。

 声のイメージ:京なまりがちなのんびりとした口調の中~高音域
 選考台詞:
「ちゃんと目ぇ覚めるやろ~?ウチかて心を鬼かつ聖母のように愛情込めてこしょこしょしとるんよ~。怜奈ちゃんを起こす技を研究するんは苦労したなぁ」(寝起きの悪い怜奈をくすぐりまくった)
「『家内安全のお守り』やよ~。そしてウチは多紀理比賣之命(たぎりひめのみこと)。女性守護の神様や~。ここから先、この屋内で取り仕切る職業神通においてこの場におる女性全員に対し武器は使えへんのよ~」(強盗に対し自己紹介をしつつ状況説明をやんわりと)
「そんな大家さんはな~、当たり前のことが大好きなんよ~。皆世話のかかる子たちやけど、その当たり前を守ってあげるんがウチの喜びなんやえ~。せやからな~、怜奈ちゃんにも当たり前になってほしいんよ~。ちゃんと、帰ってこれる場所があるて~、それが当たり前なんやて~」(ひとりであろうとする怜奈に帰る場所があるんだと説き伏せる)

 

 

 真導 奏多(しんどう かなた)

 男性。27歳。セリフ数:29


 怜奈たちが通う公立高等学校の男性教師。
 この『カノマチ』において未成年から職業神通という行いに身を投じることになる子供たちに、親身になって相談にのってくれる先生。
 本人も天之手力男神(あめのたぢからを)を神通し人々の相談にのることの多い教師を目指した。
 天之手力男神が天照をひっぱり出して日をもたらしたように、根気強く、時には知恵をしぼり子供たちの抱える闇をはらすように照らしている。
 性格は教師としては砕けていて、子供っぽさを残したまま大人になった好奇心旺盛の男児。そこが子供たちからも信頼をおいているのかもしれない。
 根底にある教師としての理念はどんな相手でも崩さない頑固者な一面も持つ。

 声のイメージ:あたたかさを感じる低~中音域
 選考台詞:
「そう邪見に扱うなよ。っていうかお前、校長にとんでもなく嫌われてるのな。なにやったんだ?そのでっかいヘッドホンつけて校長と居合わせたってだけじゃあんな機嫌悪くならんぞ」(生徒指導室にて怜奈とふたりで話している)
「これは俺が教師でなく、ひとりの男としてこの職業につくときに決めた決意だ。その俺がブレたら教え子に何かを教えるなんて絶対できない。それは卑怯者と言われようとも絶対に揺るがない」(教える人間が覚悟を持って教師をしているのだと伝えている)
「だからと言って何故お前が傷つくかもしれない道に進まなきゃならないんだ!お前は『女性守護』の神通力持ちである前に、ただの女子高生だろうが!!」(わざわざ自分の身を危険にさらす行為をしたことを叱っている)
 

 

 

・エキストラ台詞集

 エキストラA(強盗1)

「相変わらずのロリコンだなてめぇはよ。おいクソガキ。さっさと床に手ぇついて命乞いでもしてみろよ。そうすりゃ手のひらに弾丸ぶち込む程度で許してやる」

「はぁ…?くっ、ははははは!コイツやっぱどうかしてるぜ!何を見せるかと思いやトンファーかよ!よくもまぁこんな状況で俺たちのこと笑わしてくれるぜ…!ぎゃははは!!」

「な、何が神様だ、そんな、ありえねぇ…!ありえねぇんだよォ!!」

 

 エキストラB(強盗2)

「いーじゃねーの?どうせここからおさらばするにゃ人質のひとつはいるし…何より可愛がり甲斐のありそうなメスじゃねぇか…!」
「へぇ~?嬢ちゃんが『カノマチ』の正義の味方ってわけかぁ?いいねぇ、そそるじゃねぇか。正義ぶってる女の子の泣き顔見るの、興奮してたまんねぇんだよなぁ…!」

「ふ、ざけ、この程度…でっ。くそっ、身体、動か、ねぇ…!?」

 

 エキストラC(メイドカフェ店員・人質1)

「はーい、ご主人様~。ご一緒にぃ、おいしくな~れ、おいしくな~れ」

「(打ち鳴らされる銃弾に怯えて悲鳴をあげる)」

 エキストラD(メイドカフェ店員・人質2)

「此度のお帰り、大変お待ちしておりました。ささ、外は冷えます。温まってくださいまし」

​「(打ち鳴らされる銃弾に助けを求める)」

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now