『神之街』…通称『カノマチ』。
 そこには八百万の神が人々と神通する、ちょっぴり不思議で現実的な場所。
 あるものは火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)で花火を見せたり、倉稲魂命(うかのみたまのみこと)と一緒に豊作に導いたり、疫病神様がうっかり病気をまき散らしてしまったり…。何をするにも人と神が繋がり、そして神通力を得た人々には国家資格である『職業神通』という副業を持つことになった。
 神の力で人助けという恩恵をもたらす職業神通を持つ『カノマチ』の人の子らは13歳から20歳の間に何かしらの神通力を発現させると言われている。
 多感かつ、繊細な人の子らは神通力を得て何を思い過ごしているのか。
 今回は『志』、『ココロ』。
 ただひたむきに、人々の助けとなれるよう生き続ける彼ら。

 揺るぎない『志』を後生に残す。でもそれは決して簡単なことではない…。

【制作サークル】しのつく音色

【立ち絵・キャラクターデザイン】藤臣 さま(https://profile.coconala.com/users/1477961

【ロゴデザイン】コールスローイ さま(https://profile.coconala.com/users/1362221)

【原作・脚本・イメージイラスト・編集】篠崎紅葉(@sinozaki333)

【BGM】魔王魂(https://maoudamashii.jokersounds.com/)・DOVA-SYNDROME(https://dova-s.jp/)

 ファルコム音楽フリー宣言より:夏の訪れ / 東亰ザナドゥ オリジナルサウンドトラック / Copyright © Nihon Falcom Corporation 

【効果音】効果音ラボ(https://soundeffect-lab.info/)

​【配役】

 凛空 … 行近乃和 さま(@nowa_yukichika)

 水穂 … 巫部える さま(@Eru_Kannagi_02)

 帯刀 夏樹 … 金山華奈 さま(@kana2mountain)

 成瀬 咲 … ゆゆ さま(@yuyu_cathy)

 木花咲耶姫(このはなさくやひめ) … 夕宮奏風 さま(@YumiyaKanata)

【用語集】

 職業神通:カノマチ出身者かつ13歳~20歳に訪れる神様との邂逅により神様の力を分け与えてもらうこと。今回の作品では『神眼』と『魅了』の力を神様の代わりに行使している。

​ 心癒機関:多感な時期に神通力を授かる子供たちをケアする為に作られた民間医療機関。度々政府に補助を求めているが逆に政府のつかいっぱしりにされていることも…。

 神域:人知を超えたカノマチに存在する『神の力を持つ人間』。真に清い心を持つ者のみが神様を受け入れ、人としての生を捨て永劫の歳を生きることができる。

 木花咲耶姫(このはなさくやひめ):美しい姿を持ち、姉妹で嫁いだ時に木花咲耶姫のみと結婚して父が激怒したという神話を持つ。今作の職業神通では『魅了』の力を持つ。

​・登場キャラクター

​ 凛空(りく)

 男性。324歳(外見年齢10歳) セリフ数:56

 カノマチの民間医療機関、『心癒機関(しんゆきかん)』の副長。
元々病弱であった少年を水穂と神通していた倉稲魂命(うかのみたまのみこと)が半身を同化させたことによって生じた人間の時を超える『神域』に至った人間。
 カノマチで神通した子供たちの精神的ケアを担当するも、自分の無力さを痛感している。
 性格は外見とは裏腹にじじくさく冷静沈着。子供が年寄り言葉を使っているようにしか見えない。
 子供扱いされることはあまり嬉しくはないが、説明するのも面倒だと開き直っている。

 声のイメージ:少年声ながらもどこかじじくさい感じを受ける中音域
選考台詞:
「……救えなかった子供たちよ、許せとは言わぬ。存分にワシを責めよ。そして次に生きる力となれ」(救えなかった子供を悼んで来世に望みを託すように)
「ヌシと一緒にするでない。子供たちの悪影響になるような発言は極力控えたいが、売り言葉が多いと処置するのも大変での。して夏樹、何かあったかの?」(ケンカを売られつつも飄々とそれをあしらいながら質問を投げかける)
「最期がいつも通りなぞ味気ない、そう思っただけじゃ。水穂、一応礼は言っておく。神域として生き延びる道を寄越したのはヌシの強制ではあったが、終わる間際には良い物も見れたからの」(長く続いた神域としての生を終わる間際に感謝の言葉をかける)

 水穂(みずほ)
 女性。331歳(外見年齢26歳) セリフ数:46

 カノマチの民間医療機関、『心癒機関』局長。
 若き頃に神通した倉稲魂命(うかのみたまのみこと)との約束を守る為、気づいた時には300歳を超える年月を生きていた女性。
 カノマチで神通した子供たちのケアを局長自ら行っているが、大体荒事であり腕力での解決が多い。
 性格は勝気、男勝り、見た目はスタイルがいいヤンキーを地で行く。
 凛空とは口では言いあいながら認め合っている。

 声のイメージ:男勝りなヤンキー口調の中音域
選考台詞:
「あいっかわらずの歳相応の言葉遣いしてんのな。見た目はガキのくせしてじじぃクセえぞ。もっと愛らしく振舞ってもいんじゃね?」(凛空に対し笑いながら軽口をたたく)
「年寄りの長話程度に聞いておいてくれてもいいが、安心してポックリ逝くこともできねーうちはその長話が続いちまう。こんなクサい話、とっとと終わらせるに越したことはねーんだ」(根本の解決に向かわないことを呆れながらも神妙に)
「みなまで言うなよサクヤヒメ。あたしはあたしのこの目で見たものを見極め、そして害なすモノはぶっつぶす。そのことに迷いはねぇ。だから安心しろ。あの嬢ちゃんは『心癒機関』総力をあげて守り通す。それならまずは元凶からだ」(咲の身を守るとサクヤヒメに決意を示す)

 帯刀 夏樹(たてわき なつき)
 女性。21歳 セリフ数:32

 カノマチの民間医療機関、『心癒機関』の新人カウンセラー。
 カノマチ出身者ながらも神通がなかった女性。
 自らは職業神通というものに縛られないなりに、人の役に立つ仕事をしたいと勉強し、カウンセラーとなった。
 性格は真面目で正義感が強い。
 少々堅苦しくもあるが、二人の上長を尊敬している。

 声のイメージ:正義感の強い真面目な中~高音域
選考台詞:
「上長様方、そろそろ不適切が過ぎる発言が多いのでやめてもらえないっすか?」(いつも通りのひねくれた二人の上長に呆れながら)
「そんな…っ、許せないっす!人々の生活、国の安定を導くはずの政治家が、うちの上にあたる人らがそんな曲がったことしてるんすか!?」(自分たちの上に立つ人間に不正があることに許せず)
「卑怯っすよ、ほんとに。自分たちだけ楽しいまま去っていくなんて。ずるいなぁ…っ」(最期を迎えた二人の神域を想いながら悲しそうに)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 成瀬 咲(なるせ さき)
 女性。16歳 セリフ数:27

 カノマチ出身の中学生アイドル。が、誘拐未遂の傷害事件に巻き込まれ引退。
 14歳の時に木花咲耶姫(このはなさくやひめ)と神通し、自身の魅力と職業神通である『魅了』が重なり有名なアイドルとして活動していた。
今現在はサクヤヒメとは距離を取り、自分がもっと魅力的な人物になるべく一人努力を続けている。
 性格は意志が強く、華やかで努力家。
 『心癒機関』には保護と協力という形で関わることになる。

 声のイメージ:芯がしっかりしてる華やかな中~高音域
選考台詞:
「私と木花咲耶姫が距離をとっていることからそういう話に発展してたんですね。あはは、まだまだ私も名を残してるものだなぁ」(心配して構えていた『心癒機関』の人間にやんわりと笑いかけながら)
「…アイドルはみんなに笑顔を、希望を与える為に存在しているんです。その役目を用意してくれた。それに、私への配慮までしてくれている。これ以上ないくらい素敵な役回りですね。きっとサクヤヒメに届くための道しるべにもなる。全力で引き受けさせていただきます」(人々を笑顔にできる協力を提示され決意する)
「ねえ、サクヤヒメ。私と一緒に歌って…そして届けてくれるかな?今なお救いを求める人々。そんな人たちを心の底から救いたいと思っている人たちへ」(いなくなってしまった人の想いも一緒にのせて)

 

 

 

 

 

 木花咲耶姫(このはなさくやひめ)
 女性。神様 セリフ数:21

 咲に神通した神様。職業神通は『魅了』。
 感情表現は乏しいが咲を想う心は強く、咲の為ならなんでもしてやりたいと思っている。
 一人で実力をつけたいという咲の意志を尊重し、遠くから見守っている。
 性格は素直で控えめ。
 水穂を個人的に気に入り、咲の手助けをお願いする。

 声のイメージ:か細く、可憐な高音域
選考台詞:
「そうでないと困る。私の『魅了』はあくまできっかけにすぎない。人柄を知り、なおも好きであり続けられるかはその人間の魅力次第」(咲を心底信じて)
「お腹もすかない、喉も乾かない、酔いもしない。だけど信仰は違う。咲は私のことを相棒だと考えてくれている。それは信仰とは似て非なるもの。だから神としての活力は渇きがち」(用意されたお酒を物欲しそうに見つめて)
「お願い、ちゃんと聞いてくれたのね。ありがとう、水穂」(軽く笑いかけながら)

 

 

 

 

 

 

凛空.png
水穂.png
帯刀夏樹.png
成瀬咲.png
木花咲耶姫.png